プロフィール

あねっちゃ

Author:あねっちゃ
20ン年の共働き生活を休止し,専業主婦デビュー。
潜伏4年を経て,再就職トレ開始。
ゆるゆるな日常をゆるゆると書いております。
佐藤竹善・SING LIKE TALKINGファン歴25年。
2010年にMEA(マイクロ波子宮内膜アブレーション)を受けました。それについてのモロモロは,旧ブログのフリーページに置いてありますので,リンクからどうぞ☆
写真はクリックで大きくなったりならなかったり。

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

FC2カウンター

onlineカウンター

現在の閲覧者数:

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

リンク

月別アーカイブ

カテゴリ

ブロとも一覧

こちらも書いてます

ブロとも申請フォーム

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
地域情報
692位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
東北地方
93位
アクセスランキングを見る>>

秋のにかほ路を行く。

ツレ企画はいつもトートツです。
この週末は,日曜も出勤だというのに,家族サービスしてくださるとのことで
鳥海山近辺のにかほ路ドライブをご提案いただきました。

★今日も写真はクリックで大きくなったりならなかったりです^^

4日(土)開幕の国民文化祭開会式に,皇太子殿下がご出席ということで
上空をヘリが飛び,白バイ・パトカー多数で厳戒態勢の日本海沿岸自動車道を,
一路金浦へと向かいます。
折りしも,まったく天候には恵まれず,鳥海山の「ち」の字も見えてません・・・

DSC05121_2.jpg
やってきたのは,初訪問となる「金浦温泉・学校の栖(すみか)」。

DSC05094_2.jpg
かわらぶき平屋建の建物は

DSC05095.jpg
もとは大竹小学校。

DSC05096_2.jpg
DSC05097.jpg
小学校らしい外観を見つつ,中へ行ってみます。

DSC05101.jpg
硫黄泉だというこちら。確かに日本海沿岸では珍しいですね。
硫黄のにおいや色はさほど濃くなく,入りやすいお湯。

DSC05110.jpg
ひとり貸切状態だったので,写真撮ろうかと思ったところへお次の方が。
パンフ写真は男湯。左右対称の女湯には浴槽の間に丸い柱が二本あり。
この柱の木の香りがとてもよくて,ラジウム泉で足湯をしつつずっと寄りかかってました。

DSC05102.jpg
ひとっ風呂のあとは,定番のマッサージ機。黒いのはここ最近で一番新しくて満足^^

DSC05104.jpg
もまれ終わり中庭を見ると,地鶏さんたちが。

DSC05107.jpg
ちょうどいい時間となり,食事処でお昼をいただくことに。
ん・・・??親子丼??

DSC05103.jpg
ま,まさか・・・ね・・・( ̄▽ ̄;)ゞ

DSC05118_2.jpg
地元産の秋田由利牛のすきやきを美味しくいただいたあとは

DSC05119.jpg
由利地方名産で,好物の「いちじく甘露煮」にココロ惹かれつつ

DSC05120.jpg
ゆっくりできるお休み処で,最近気になる冊子「のんびり」を発見してパラパラののち

DSC05124_201410051100482f5.jpg
雲がかかってなんも見えないであろう,鳥海ブルーラインを目指します。

DSC05125.jpg
アイサイト&クルコンに頼りきりで,アクセルを全く踏まなくなったツレですが
濃霧ではアイサイトが効かなくなり,ちゃんと(?)運転。

DSC05128.jpg
このあたりまでが,下界が見える限界・・・

DSC05136.jpg
どんどん霧は濃くなっていき,「今が見ごろ」という紅葉は全く見えません・・・

DSC05139.jpg
やっとの思いで,5合目鉾立(ほこだて)のビジターセンターへ到着。
なんも見えません・・・

DSC05141.jpg
寒さのあまり建物の中へ。
かわゆいキャラ化された鳥海山グッズなどを物色するほかなし。

DSC05142.jpg
ここはあったかいなぁと窓辺を見ると,暖房稼働中。ありがたかった・・・

DSC05140.jpg
景色さっぱりなのと,寒さに耐えられずで,戻ることに。
駐車場入口には,今年行われた「鳥海山ブルーラインヒルクライム」
ゴール表示が残ってました。
これを撮って,道路をはさんだウチの車へ戻ろうとしたのですが,
濃霧で全く見えず,怖くなり「おーい」(;o;)ノシ と家人を呼んでしまいました・・・

DSC05143.jpg
鳥海山の山頂方向を望みましたが,これですもん★

晴れていれば こんな光景が広がっていたことでしょう。

DSC05149.jpg
昨年のことを思い出しつつの往路は濃霧がかき消してくれ,
下界に戻ってくると霧は晴れました。

DSC05150.jpg
ラフなスタイルのロードバイクと,ゆっくりすれ違い。

DSC05154.jpg
ここからは,南由利原を目指して,再び上りへ。

DSC05155.jpg
この高さまで来て振り返ると

DSC05157.jpg
いままさに稲刈り中の田んぼがきれい。

DSC05168.jpg
上り続けて,南由利原青少年旅行村広場に到着です。
チビはここへ来るのが生まれて初めて。

DSC05219.jpg
秋のイベント「コスモスまつり」は翌日で,この日の観光客は私たちだけ。

DSC05166.jpg
兄ちゃんが保育園児だったころ,二人きりで「コスモスまつり」に遊びに来ました。
ステージではTDK社員さんのバンドが,T-SQUAREの「TRUTH」など見事に演奏してたっけ。

DSC05169.jpg
あれから,平成の大合併で,旧・由利町キャラのゆりちゃんは由利本荘市民となり

DSC05170.jpg
旅行村管理棟では,ヤマユリの花が美しく咲いていました。

DSC05172.jpg
翌日は人々で賑わうであろう,隣接するコスモス園。

DSC05176.jpg
鳥海山頂から吹き降ろす風にも負けず,短い秋を咲くコスモスの花。

DSC05180.jpg
帰り道,玉ノ池の交差点上を走る「ゆりてつ」の新型車両に遭遇☆

DSC05183.jpg
ゆりてつ薬師堂駅。 見ているうちに並行する線路を羽越本線上りが通過。

DSC05185.jpg
ゆりてつ沿線では,どうやらかかしコンテストが開催されているようで,
汁の出きってしまった,クオリティ低めの「ふ〇っ〇ー」ぽいものやら

DSC05187.jpg
ただいま大人気を博している,縫い目の懸命さが伝わるジバニャンに笑わされ

DSC05194.jpg
旧・本荘市出戸町地区の区画整理された道路の先にある

DSC05196.jpg
昨年1月末に架け替えが完了した由利橋を通って国道7号へ向かいます。

DSC05198.jpg
最後は,日本海を目の前に望む「岩城みなと駅」で,寒いなか鉄分補給。

DSC05204.jpg
日が落ちる時間が,どんどん早くなっていくのでした。

よろしかったらぽちっとな☆φ(^o^)
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 秋田県情報へ
にほんブログ村

edit↓ top↑

コメントの投稿

secret