プロフィール

あねっちゃ

Author:あねっちゃ
20ン年の共働き生活を休止し,専業主婦デビュー。
潜伏4年を経て,再就職トレ開始。
ゆるゆるな日常をゆるゆると書いております。
佐藤竹善・SING LIKE TALKINGファン歴25年。
2010年にMEA(マイクロ波子宮内膜アブレーション)を受けました。それについてのモロモロは,旧ブログのフリーページに置いてありますので,リンクからどうぞ☆
写真はクリックで大きくなったりならなかったり。

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

FC2カウンター

onlineカウンター

現在の閲覧者数:

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

リンク

月別アーカイブ

カテゴリ

ブロとも一覧

こちらも書いてます

ブロとも申請フォーム

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
地域情報
523位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
東北地方
74位
アクセスランキングを見る>>

2014お花見鉄編・弘南鉄道

GWは実家へと帰省してきました。
出発直前までチビは部活,私はその後の「部活親の会総会」へ出席。
心配していた腰痛もだいぶ良くなり,ぐったりしながらの道中。
翌朝早くに家を出て,弘前のさくらまつりへ出かけてきました。

※写真はすべてクリックで大きくなります

秋田県と青森県との県境に近い,長走風穴前のの通称「陣場お立ち台」~★前記事
トンネルを抜けて出てくる列車を狙う「撮り鉄」さんたち。
道路わきにある車は,ほとんどが県外ナンバー(>▽<)
このあと,臨時運行の「あけぼの」が来るので,ロケハンかたがたの陣取りですね。

DSC03770.jpg
で,私も撮ってみました「7時つがる」。
それまで「あけぼの」を利用していた客への代替の列車です。
車両が短いので,カーブを描いて・・・とはいかないですね~f(^^;)

DSC03779.jpg
弘前までは車を使わず,大鰐(おおわに)駅から弘南鉄道を利用して行くことに。
さくらまつりタイアップ企画で,駅駐車場は無料開放されているのです。

DSC03780.jpg
駅員さんは不在。券売機もお休み★

DSC03782.jpg
時刻表のスカスカ加減は,都会の人には考えられないレベル。

DSC03783.jpg
こういう駅では乗車証明書をもらって乗り込みます。

DSC03790.jpg
すでに電車は入っていますが,発車まで相当時間があったので,南口のJRの駅側へ。
大きなワニが,スキー(←青い棒)を担いでいました・・・
この街にある大鰐温泉スキー場は,国体だけでなくアジア大会の会場にもなりました。
スキーブームが去った今,ワニさんもさみしそう・・・

DSC03792.jpg
再び跨線橋を通って,弘南鉄道側へ向かいます。
JR側は異様に幅が広く,「大阪方面」なんて書いてありますね。

DSC03784.jpg
さて,この電車に乗って終点の中央弘前駅へ向かいます!

DSC03793_2.jpg
座席は懐かしのえんじ色。ふかふかロングシートです。
窓が開く車両,天井に取り付けられた扇風機が泣かせます(;▽;)
吊り輪はリンゴ。緑色のフェルト葉っぱは岩木山がモチーフですって。
車両のどこかに紛れているというハート型に偶然会えて,ラッキー♪
つり革の裏には東急百貨店の文字。この列車,東急出身でした(・o・)

DSC03795.jpg
青森の鉄道5社を擬人化した「青森鉄道むすめ」
弘南鉄道は左から2番目の「平賀ひろこ」ちゃん萌え萌え(^m^)

DSC03805.jpg
ほぼ30分の旅が終わり,中央弘前駅到着。
JR弘前駅より,こちらからのほうが弘前公園に近いのです。

DSC03804.jpg
電車を降りたところで運賃を支払い,弘南鉄道大鰐線の乗車証明書を貰います。
これを弘前公園の料金所で提示すると,無料で入場できるというわけ。

DSC03803.jpg
駅の中はレトロ感たっぷり・・・
通勤・通学の足として大活躍の路線なのです。

DSC03802.jpg
そして,駅舎隣接の食堂まであるし☆
スピートメニュー3秒よ,津軽そば うどん』って・・・(@o@;)

DSC03870.jpg
「りんごラーメン」・・・気になりすぎる・・・(>皿<)
勇気の一歩を踏み出せなかった私でした。

DSC03869.jpg
~~弘前公園でお花見の模様は後ほど~~
帰りの切符は券売機にて買えました。

DSC03871.jpg
土日祝日は,こどもは運賃無料☆無料サービス券が渡されてました。

DSC03872.jpg
戻りの列車待ちをする,花見帰りのお客さんが多くなってきました。
改札が始まったのは発車5分前くらい。

DSC03873.jpg
顔ハメものもありましたが(^w^)

DSC03874_2.jpg
帰りはいちばん後部に乗って展望しながら。
昭和40年製の東急は,今も現役。

DSC03880.jpg
列車が通過した後,ひょいっと線路に移った保線のおじさん。
岩木山が最高にきれいです。

DSC03885.jpg
いわゆる車両センターな「津軽大沢駅」。弘前行とすれ違い。

DSC03888.jpg
JRと交差する高架橋はすごいカーブ。りんご畑はもうすぐ花が咲きそう。
とにかくカーブを曲がるときの体感がすごい★
車体が古いせいもあってか揺れがすごくて,立っていると危ないほど。

DSC03891.jpg
これが大鰐温泉スキー場。基本上級者向け。

DSC03892.jpg
楽しい「K列車」に揺られる旅も,終点です。

DSC03893.jpg
駐車場探しや渋滞知らずで,ノンストレスなお花見でした♪
弘前さくらまつりへお越しの際は,ぜひ弘南鉄道のご利用を(^▽^)ノ♪

よろしかったらぽちっとな☆φ(^o^)
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 秋田県情報へ
にほんブログ村

edit↓ top↑

コメントの投稿

secret