プロフィール

あねっちゃ

Author:あねっちゃ
20ン年の共働き生活を休止し,専業主婦デビュー。
潜伏4年を経て,再就職トレ開始。
ゆるゆるな日常をゆるゆると書いております。
佐藤竹善・SING LIKE TALKINGファン歴25年。
2010年にMEA(マイクロ波子宮内膜アブレーション)を受けました。それについてのモロモロは,旧ブログのフリーページに置いてありますので,リンクからどうぞ☆
写真はクリックで大きくなったりならなかったり。

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

FC2カウンター

onlineカウンター

現在の閲覧者数:

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

リンク

月別アーカイブ

カテゴリ

ブロとも一覧

こちらも書いてます

ブロとも申請フォーム

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
地域情報
601位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
東北地方
86位
アクセスランキングを見る>>

同等の対価。

7949693cebe41078_360×360

「何かを得ようとするならそれと同等の対価が必要って事だ」
エドワード・エルリック/鋼の錬金術師


今日から国公立大学の二次試験が始まりますね。
受験生のみなさま,そしてそれを支えてこられた保護者のみなさま。
精一杯のチカラを出し切ることができますように。

去年兄ちゃんが二次試験を受けてから一年が経つんですね・・・
あの日は試験前日からものすごい荒天で,JRと高速道路がすべてアウト。
兄ちゃんの会場は日本海沿岸に沿って国道7号線を南下した街。
ガチガチ路面と猛吹雪の中,ツレの車で出かけて行ったっけ・・・

そんな兄ちゃんは,今日仙台でライブ出演だそうで。
サークル活動に全身全霊をささげた,大学生活一年目。
バイトもせずに,なにやってんだって話ですが,
バスケ~弓道~コーラスと,振れ幅ありすぎな人生を歩んでいる彼。
好意的に取れば「ようやく自分の居場所を見つけた」って感じでしょうか。
お金を節約するためとかで,一日一食となり13キロも痩せても,
眼と表情が生き生きとしている姿は「大学デビュー!!あ~青春っ!!」で(笑)

この一年間,彼のところへは一度も行かず,コメだけ送って完全放任でした。
男ですし,いずれは必ず親元を離れていくのですから。
今うちで育てているチビとの「残された時間」を大事にしたいと思います。


そんな毎日の中で,
昨年秋から,冒頭の言葉がずっと頭の中を回っています。

どうしても失いたくないものがあるのです。

得ようとするためには,それと同等の対価が必要だとすれば,
私は何を供することができるだろうかと。

たくさんのものを失いながら,懸命に目指してきた約束のときが,
ようやく今週末に迫りました。

どうかすべてがうまくいきますように。

そのためなら,私の持っているものを,もっと失ってもいいから。


よろしかったらぽちっとな☆φ(ーoー)
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 秋田県情報へ
にほんブログ村

edit↓ top↑

コメントの投稿

secret

代替画像

No title

>この一年間,彼のところへは一度も行かず,コメだけ送って完全放任でした。
男ですし,いずれは必ず親元を離れていくのですから。
今うちで育てているチビとの「残された時間」を大事にしたいと思います。

見習いたいです・・
出来るかな・・
でもこの言葉を胸にそっと置いてみたいと思います(^^)
  • | 2014.02/26.Wed
  • | 08:10
  • | おかか
  • | URL
  • EDIT
  • top↑ |

代替画像

>おかか さま。

チビもいたせいか,「早く親離れをして,自由になりたい」
という兄ちゃんの気持ちが見て取れたので,そういたしました。
そのせいなのか,月に一度は彼から近況報告の長い電話が来るようになり,
求めに応じてコメを送るシステムとなっています。
あんなに連絡がつかないヤツだったのに,放任したらって不思議です。
この一年で「男」として,心身ともに一皮むけたみたいですよ(^^)
母の手を放し,自分の愛する人の手を取り,共に歩いていける大人の男になってほしいのです。
くっついてきて可愛かったころの写真を見ると,ぐっときますけれどね・・・
  • | 2014.02/26.Wed
  • | 11:35
  • | あねっちゃ
  • | URL
  • EDIT
  • top↑ |

代替画像

No title

再びすみません、私には神の領域の如くで師匠、いや神様にも思えてしまいます。
まさに直面、親離れ?家離れ?が楽しくて仕方ない息子を目の前にイライラするやら寂しいやら不安やらで。息子さえ(周りはもっとですけど)感じる過保護な子離れ出来ない親なもので(汗)いくら下にいても最初の子のせいか男子のせいか・・。

心に染みました、コメント。
ありがとうございます(^^)
  • | 2014.02/27.Thu
  • | 09:17
  • | おかか
  • | URL
  • EDIT
  • top↑ |

代替画像

>おかか さま。

お気持ちお察しいたします・・・
私なんぞはドライすぎると言われそうですが,
高卒で就職した時代の生き残りとして,「昔なら社会人な年齢でしょ★」という意識からです。
子供の住む遠い町へ,惣菜etcを携え足しげく通う親御さんもおられますが,
その部屋で,見ちゃいけないもの(女子モノなど)を発見するよりは,
放置放任のほうが良かろうという,シンプルな気持ちもあります(苦笑)
母にとっては永遠に乳飲み子の可愛さを持つのが息子という生き物。
その一方「独りで生きられる一人前のオトコ」にするのもまた,母の役目なのかなーと。
  • | 2014.02/27.Thu
  • | 21:27
  • | あねっちゃ
  • | URL
  • EDIT
  • top↑ |