プロフィール

あねっちゃ

Author:あねっちゃ
20ン年の共働き生活を休止し,専業主婦デビュー。
潜伏4年を経て,再就職トレ開始。
ゆるゆるな日常をゆるゆると書いております。
佐藤竹善・SING LIKE TALKINGファン歴25年。
2010年にMEA(マイクロ波子宮内膜アブレーション)を受けました。それについてのモロモロは,旧ブログのフリーページに置いてありますので,リンクからどうぞ☆
写真はクリックで大きくなったりならなかったり。

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

FC2カウンター

onlineカウンター

現在の閲覧者数:

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

リンク

月別アーカイブ

カテゴリ

ブロとも一覧

こちらも書いてます

ブロとも申請フォーム

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
地域情報
377位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
東北地方
55位
アクセスランキングを見る>>

秋休み鉄道旅行3日目・山形~新庄~酒田~秋田

DSC02881_01.jpg
山形市で迎える朝。まだ眠いチビ。
このホテルはベッド最高☆アメニティもgood(^^)b☆ お高いけど常宿にしたーい。
前夜はとんかつに豚しゃぶをたっぷりいただいたので,朝はコンビニサンドにて出発。

DSC02286.jpg
10月14日は「鉄道の日」。各種イベントが各駅でにぎわっています。
山形駅では「つばさ」の体験乗車に早朝から長蛇の列(@o@;)

DSC02284_01.jpg
トロッコ列車の「風っこ号」がいました。
車内はお座敷になっていて,楽しそうな車両でした。乗ってみたいな~♪

DSC02294.jpg
われわれ家族は,奥羽本線普通電車にて新庄へ向かいます。

DSC02306.jpg
歴史を感じる古い車庫と,新しい車庫が並んで立つ新庄駅へ到着。

DSC02309.jpg
来年6月からの山形DCキャラの「きてけろくん」とおんなじポーズで。

DSC02311.jpg
顔の穴から顔を出さないのがツレの流儀・・・( ̄▽ ̄)

DSC02313.jpg
「つばさ」と普通電車が並んでいるのも,この駅のお楽しみ。

小さな美術館列車
奥羽本線秋田行の普通列車は「小さな美術館列車」のラッピングがされ,
秋田っぽい絵が車両にちりばめられていました。これもDC仕様。

DSC02314_01.jpg
ここから最短で秋田に帰るのであれば,上写真の秋田行に乗り換えればよいのですが,
あえての陸羽西線に乗りまして,最上川沿いに下りながら日本海へ向かうコースを。
通称「奥の細道最上川ライン」。車両は「湯けむりライン」(陸羽東線)となっていますが(^^)ゞ

DSC02321.jpg
ボックス席に陣取り,ビールをお供に出発しました。
そろそろ舟下りの船が見えるかな・・・古口駅には乗り場案内の看板。

DSC02324.jpg
見えてこないかと全面展望陣取りのチビ(^m^)
けっこう線路のカーブが多く,トンネルもたくさん。

DSC02332.jpg
ぱっと視界が開けて,最上川(^▽^)♪ 紅葉にはまだ早かったです。
舟下りの船が遠くに見えました。国道47号線と鉄道が川沿いに並走していきます。

DSC02338.jpg
舟下り終点の「リバーポート」前を通過。
私の両親を連れて,6人で蔵王観光と舟下りをした思い出がよみがえり,
涙がこぼれそうになりました・・・
あれから一気に両親が年老いてしまい,あのときの旅行が最後になりそうです。

DSC02341.jpg
列車は山間部を完全に抜けて,庄内平野が広がります。
発電の風車が,秋風を受けて気持ち良く回っていました。

DSC02348.jpg
鳥海山が見えてきて「帰ってきたなぁ・・・」という気持ちに。山頂は冠雪。

DSC02349.jpg
DSC02350.jpg
ワンマンカーはひた走り,酒田を目指します。
あれ?料金表を見ると,小牛田からずっと来た車両だったのかな・・・

さて,ようやく酒田駅に到着しました。ここで次の列車まで一時間ちょい待ち合わせ。
駅前の渋~い中華そばを堪能した後,気になる飲み屋を発見★

DSC02364_01.jpg
「ひとみ婆さん」が出てきそうな「旅人歓迎」の店「金魚」(^皿^)
「生き残り大作戦」展開中の,酒田駅前商店街・・・(^m^)
こりゃ,酒田にまた来て現地調査をする必要がありそうですな♪
ここで,ようやく秋田行の羽越本線普通電車に乗り換えです。

女鹿&折渡
途中,この路線でほとんど通過になる「秘境駅」に,停車することができました☆
「男鹿(おが)」があるなら「女鹿(めが)」もある(・o・)
山形県最後の駅「女鹿」。私の手が映り込んでしまった駅舎の三文字伏字が気になる・・・
乗降客なし。
そして,羽後本荘と秋田間で,ほぼスルーの「折渡」。
駅舎の「しょっぱさ」に味があります。ここでは一人乗車。
通勤時代を思い出しつつ,秋を堪能した三日間の旅を終えたのでした。

DSC02391.jpg
さて,またもや長々と書いてしまいましたが,
最後までお読みくださり,誠にありがとうございました(^人^)
12月までの秋田DC期間中は,雪が降る前の「いい季節」を楽しむことができますので,
いろんな路線にて,たくさんの方に来ていただけることを期待しています☆

よろしかったらぽちっとな☆φ(^o^)
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 秋田県情報へ
にほんブログ村

edit↓ top↑

コメントの投稿

secret

代替画像

精神衛生によくない料金表!

ワンマンカーに乗り、整理券をとらず、途中で運転手に聞いたら
「始発からの料金になる」と言われ ドキドキしたことを思い出しました!
タクシーメーターのごとく加算され続ける表示・・・
若かった&田舎モノだった私v-35

次男君 これだけ連れ出してもらってれば 修学旅行はバッチリですね
・・・と信じたいけど 我が家は 撃沈v-108
大丈夫か?Y高生!と思ったら 地図も時刻表も読めないのって世界的らしいですね。
駅探とかナビタイムとか さくさく検索・教えてくれるんだもの
がんばれ地図会社!出版社!

代替画像

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • | 2013.10/29.Tue
  • | 14:55
  • EDIT
  • top↑ |

代替画像

>ゆっこ さま。

現役当時,秋田市役所前から旧雄和町役場前までバスで出張したとき,
初めて料金表に4桁の数字を見ました(@o@)
それ以来の驚愕金額でしたが,果たして小牛田から乗っていた人はいたのか・・・
定かではありませぬ(^m^)

バスの運転手さんは,乗降客をだいたい覚えていてくれるので,
「〇〇から乗りました」の申告でOKなんですよね(→私も同様の経験あり)

これだけ鉄道に乗せていても,チビは路線をなかなか覚えられません(苦笑)
能代へ向かうとき,秋田新幹線といつすれ違うか楽しみにしてますから(爆苦笑)
地図と,脳内の乗車記憶が一致するまでもう少しかかりそうです★
これで東京都内をすいすいっと歩くので,よく分からんところがあるのですよ(^^;)
  • | 2013.10/29.Tue
  • | 18:14
  • | あねっちゃ
  • | URL
  • EDIT
  • top↑ |

代替画像

>鍵コメ さま。

最後までご覧くださりありがとうございました(^人^)
さすがに今年中はもう無いと思いますが,ツレがまだ企んでいる様子です・・・
座りっぱなしの疲れがなかなか取れなくなってきました★
あと少ししかこんな日々は過ごせないので,
「物より思い出」とばかりに,連れて歩き回っています。

今年は紅葉がちょっと遅いようなので,
おひとりさま遠征・秋場所に出かけていないのですが,
彼の地はぜひとも再訪問する予定で満マンですp(^^)q
もう少し寒くなってからでしょうかね~
  • | 2013.10/29.Tue
  • | 18:21
  • | あねっちゃ
  • | URL
  • EDIT
  • top↑ |