プロフィール

あねっちゃ

Author:あねっちゃ
20ン年の共働き生活を休止し,専業主婦デビュー。
潜伏4年を経て,再就職トレ開始。
ゆるゆるな日常をゆるゆると書いております。
佐藤竹善・SING LIKE TALKINGファン歴25年。
2010年にMEA(マイクロ波子宮内膜アブレーション)を受けました。それについてのモロモロは,旧ブログのフリーページに置いてありますので,リンクからどうぞ☆
写真はクリックで大きくなったりならなかったり。

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

FC2カウンター

onlineカウンター

現在の閲覧者数:

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

リンク

月別アーカイブ

カテゴリ

ブロとも一覧

こちらも書いてます

ブロとも申請フォーム

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
地域情報
695位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
東北地方
82位
アクセスランキングを見る>>
  • --
  • --/--
  • --

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

edit↓ top↑

小3メンズと幼稚園児。

昨日ブログを書いているときに,我が家に遊びに来た子どもたち。
小3が5人,幼稚園の年少さん1人。
イマドキの子って,集団でいてもこうやって各々携帯ゲームで遊んでます
小3メンズ

近隣に同じ学年の子が5人いるので,朝は集団登校をしています。
帰りは,習い事があったりで別々になることもありますが,
途中で一緒になったりすると,遊んだりもつれたりしながら帰ってきているようです。

集団登校は小学校入学のときから始めていますが,
幼稚園が一緒で,公園で遊んだりして既に顔見知りだったほかの4人に対し,
家のチビは,日中ずっと保育園暮らしだったので,面識がゼロ。

登校が始まった最初のころは,まったく馴染めなかったチビ。
4人がどんどん先に歩いていくのに,ずーっと後ろからそれに付いていって。
雨の日は傘でつつかれたりして。
出勤前に見送りながら,かわいそうで涙が出ました。

1年生・2年生とそんな日々が続いていたのですが,
3年生になり,私が仕事を辞めて家にいるようになってから,
チビと他の子どもたちとの間に変化が出てきました。

2年生になってから,チビが始めた野球。
他の子も始めたのですが,練習していたチビのほうが,意外と上手なことに驚いたようで。
野球の練習のたびに,チビを見直すようになってくれたようなのです。

私のほうも,ずっと働いていたのを言い訳にして,
他の子どもたちとその親御さんの名前と顔が一致しない状態だったのですが,
朝の見送り,パトロールを重ねるうちに,皆さんと親しくなることができました。
集団登校のとき,子どもたちから
「チビ君のおかーさん,あのね・・・」と歩きながら楽しい話をされるように。

やがて,自宅に皆が遊びに来てくれるようになったのです。

決して下っ端扱いではなく,同列のお友達として。

上の子の時は,親が不在のところに友達を連れてこないようにと,注意していたので,
我が家にこんなにたくさん子どもが来るのは,子どもも私も初めてのことです。

散らかしたり,大騒ぎしたり,のどが渇いたの,お腹空いたの・・・
いろいろありますが,どの子もチビと同じく,かわいいです。

以前はなかったこの感情。

『子どもがかわいい』

私が「人間活動」に入ってから,一番大きく変わったのは,ここかもしれません。






edit↓ top↑

コメントの投稿

secret

代替画像

そうなの・・・

今の子供達って「その場」に一緒に居て別々のゲームで興じてるのが「遊ぶ」になっちゃってるのよね?母が日中いる家が「遊び場」になっちゃいますね…

あねっちゃさんの気持ち痛いほどわかるな~。
長男の小学生時代は、私が日中居ない、保育所上がりのウチの子はただ1人のT小、ウチは学区の外れ等々。長男にとっては3重苦だったかも。今でもあの時は可哀そうだったな~と思ってるので、「人間活動」真っ最中のあねっちゃさんが少し羨ましくなりました。

働いている母の(祖父母がいらっしゃる方々はまだいいけど)日中家に居ない事(その子供によっても感じ方が違うけど)に対し、少なくても私は目を背けていました…
大きくなると塾やら部活やらで遊ぶ時間も無いけど、その頃の私って「子供っていずれ分かってくれるときが来る」って言い聞かせていたような気がする・・・
今日、あらためて思い知りました。ごめんよ~って。

チビちゃんの「今」を大事にしてあげて下さいね!
あと、野球頑張って~。母も日に焼けるぞ~!!
  • | 2011.03/03.Thu
  • | 14:37
  • | あい魔女
  • URL
  • EDIT
  • top↑ |

代替画像

そうか~

なんか読んでてジ~ンときたよ。

仕事してるとど~しても子どものことっておなざり気味になっちゃうのわかるから。

できることなら今のあねっちゃさんのように、家に帰ってきたら家に誰かが待ってるって状態にしてあげたいって思う。

きっと子どもさんも安定してると思うよ。

最後のフレーズ・・・泣けるねぇ~
あねっちゃさんも子どもさんたちを通して、新たな成長期だ★
  • | 2011.03/03.Thu
  • | 14:39
  • | ★あやプー★
  • URL
  • EDIT
  • top↑ |

代替画像

Re:小3メンズと幼稚園児。(03/03)

こんにちは。
仕事してると、他の親さんとか子供さんたちとは、あえないですよね。
あねっちゃさんのお子さんは、野球をしたいという変化がおきて、それにあねっちゃさんのパトロールの手伝いもして、親御さんと仲良くなって良かったと思いますよ(^^)
まだ、母親の気持ちはわからないけど、私の母は、私が中学になるまで家にいてくれました。
友達と家に帰ってくるときや、一人で帰宅するときは、
親が待ってるという喜びがあったのを思い出しますね(^^)
あねっちゃさんのお子さんも、喜んでると思うよ。
他のお子さんもかわいいですよね(^^)
  • | 2011.03/03.Thu
  • | 15:47
  • | (^^♪ruriちゃん
  • URL
  • EDIT
  • top↑ |

代替画像

いやぁー、同感。

私は上の子の産休から7年間専業主婦してました。上の子が小1で復帰したので、そこからは上は学童、下は幼稚園&延長保育で、環境の変化に子供達は戸惑いがあり「いつおウチにいるの?いつになったらお友達と遊べるの?」と何度も泣かれました。私は新しい仕事に没頭、試験もあり、ほったらかし。本当に可哀想なことをしたなぁと大反省です。
部活にも入っていないので、ウチの子達は学校生活以外はいつも1人行動。だから心配なのは「気を許せる友達が居ないんじゃないか」ということ。でも、周囲の親達から聞くことは、友達で部活も一緒でも、その分トラブルも多く親も巻き込まれて無用な傷つけ合いが多いそうです。しがらみも無く、単純な性格の娘は意外と友達が多く、広く浅く上手に付き合っているみたい。息子は同じ境遇の働く母を持った近所の子等と水泳が無い日に一緒に帰ったり、休日は外で雪遊び、サッカー、野球をして汗を流しています。ウチはWiiとPSPが無く(買ってもやるヒマが無い)、しかも私が2人以上で遊ぶときはゲーム禁止にしているので、よその子(親)も倣って下さって、今では皆自分から「DSは持って行かない」になっています。
木曜日は2人とも練習が無く、私も休みだったので、帰宅して私が待っている温かい家に帰って来て、本当に嬉しそうな様子でした。「いつもこうだったらいいのにね。ごめんね。」と言うと「大丈夫だよ。お母さん」と言ってくれるけど、その度に心が痛む。下の子の方がガマンしていることが多いと思うので、今のあねっちゃさんの「人間活動」すーごくいいことだと思います。
子供嫌いで結婚も産む気も無かった私が産んで、育てて変わったこと、あねっちゃさんと同じで我が子も他人も子も皆、本当にかわいい。子供なんてすぐに大きくなっちゃうので「人間活動」満喫して下さい!相変わらず長文ですみません。
  • | 2011.03/04.Fri
  • | 00:43
  • | セカンドぶりこ
  • URL
  • EDIT
  • top↑ |

代替画像

Re:そうなの・・・(03/03)

>あい魔女さん

つい今しがたまで,メンズ2名来訪,またDSやって帰っていきました。
どうやら居心地が良いらしいです。雑然としているからかも。

働いているとき,よく「子どもたち,愛情不足なんじゃないの?」と言われました。
大体が奥さんが専業主婦の男性社員。
そんなことねーし!と悪態つきながら突っ走ってました。
一日は24時間しかないし,一緒にいる時間の長さよりも濃度が大事だ!と思っていました。

子育てって,子どもが何歳になってもやり直しができるんだそうですよ。
今16歳の上の子と,たくさんたくさん会話して,埋まらなかった時間を取り戻している感じです。
でもね,母の大変さを子どもたちはちゃんと分かってくれてました。
会話をするようになって,ねぎらわれたりしてね。
  • | 2011.03/04.Fri
  • | 17:25
  • | あねっちゃ
  • URL
  • EDIT
  • top↑ |

代替画像

Re:そうか~(03/03)

>★あやプー★さん

思いっきり仕事に打ち込んでいる姿は,子どもにちゃんと伝わっていました。

専業主婦はそれなりに悶々なので,いけるところまで仕事は続けたほうが良いと思います。
「私はこれで生きていく!」と決めて,就いている職業なのですから(^^)
だって仕事って楽しいじゃないですか♪

レールは一つだと思いこんでいた私は,勇気を出して一旦途中下車して,
新しい景色を見回しては,新しい発見をしているわけです。


  • | 2011.03/04.Fri
  • | 17:32
  • | あねっちゃ
  • URL
  • EDIT
  • top↑ |

代替画像

Re[1]:小3メンズと幼稚園児。(03/03)

>(^^♪ruriちゃんさん

お母さん,お元気だったときはそうやって家を守ってくれていたんですね・・・

私もずっと「かぎっ子」でしたが,母が父の事業を在宅で手伝うようになり,
「おかえり~」と言ってもらえると嬉しかったですね。

わき目もふらず,突っ走ってバリバリ働いていたときは,
まさか自分が「おかえり~」と言うお母さんになろうとは,
全然考えられなかったですね。
今の生活,新鮮です。
  • | 2011.03/04.Fri
  • | 17:36
  • | あねっちゃ
  • URL
  • EDIT
  • top↑ |

代替画像

Re:いやぁー、同感。(03/03)

>セカンドぶりこさん

何をするにも「慣例突破」の私でした・・・
育児休業も初,復職して3年間の短時間勤務も初。

いま後輩たちが当たり前に手にしている権利を,戦わないと取れなかったのです。
身の丈よりも高い木々を,傷だらけになりながら手で払って道をつけてきて,その後ろを難なく後輩が歩いている感じ。

犠牲にしてきたものがあまりに多かったのだと,今は思っています。

仕事,正直とても大好きでした。
子ども,正直とても苦手でした。うるさいし思い通りにならないし。

いまこうやって穏やかに子どもと触れ合っている自分が不思議です。
保育園や学童での軋轢から解放されたせいもあるのでしょう。
いっぱい語りたいことはありますが,直接お会いしたときにネタをとっておきましょう(^^)
何日あっても足らんわ,って感じですが(爆)
  • | 2011.03/04.Fri
  • | 17:45
  • | あねっちゃ
  • URL
  • EDIT
  • top↑ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。