fc2ブログ

プロフィール

あねっちゃ

Author:あねっちゃ
20ン年の共働き生活を休止し,専業主婦デビュー。
潜伏4年を経て,再就職トレ開始。
ゆるゆるな日常をゆるゆると書いております。
佐藤竹善・SING LIKE TALKINGファン歴25年。
2010年にMEA(マイクロ波子宮内膜アブレーション)を受けました。それについてのモロモロは,旧ブログのフリーページに置いてありますので,リンクからどうぞ☆
写真はクリックで大きくなったりならなかったり。

カレンダー

07 | 2014/08 | 09
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

FC2カウンター

onlineカウンター

現在の閲覧者数:

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

リンク

月別アーカイブ

カテゴリ

ブロとも一覧

こちらも書いてます

ブロとも申請フォーム

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
地域情報
243位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
東北地方
36位
アクセスランキングを見る>>

ツレ父母と旅行~その1・玉川ダムを下から見る

ひとり墓参りの翌日には,
ツレ父母を伴っての一泊旅行へと出かけました。

「俺がたも,としょってきてらがら,なんぢが,つでっでけれでば。」
(訳:私たちも年をとってきているので,(ご難儀かけますが)どうか,連れて行ってくださいな。)

断る理由はひとつもなく,ヨメ歴20ン年ともなれば何の遠慮もありません(^^)b
秋田市を発ち,秋田道を南下し,ツレ父母を迎えに行きます。

※今日の写真はクリックで大きくなったりならなかったりです(^m^)
DSC04791.jpg
横手ICを降りて,ツレ家へ向かう途中,いつも楽しみにしている
JA倉庫のナイスな手描き看板が,久々の更新!!
我々世代には,どストライク☆( ̄▽ ̄)

DSC04603.jpg
今回の行き先リクエストは
「八幡平アスピーテラインを通って,岩手へ行ってみたい」とのこと。
角六線を北上し,仙北市田沢湖町まで一気に。
途中いくつか見かけた「がんばれ角館高校野球部!」看板がせつなく (;o;)ガンバッタヨ

DSC04604.jpg
まずは腹ごしらえ,と駒ケ岳温泉内の「そば五郎」へ。
漬物マイスターのツレ母にも気に入っていただけた様子。

DSC04610.jpg
もりそば大盛り800円也をいただきまして

DSC04612.jpg
店内の「田沢湖マラソン」ポスターに,もうそんな季節かぁと。

DSC04615.jpg
来年2月に,モーグルのW杯が開催される田沢湖スキー場から

DSC04617.jpg
田沢湖を望みます。雨模様・・・

ここから,いったんふもとまで下りまして
国道341号線を北上していきます。

昨年,痛ましい土砂崩れ事故があった,まだ生々しい山肌を横に見つつ,
玉川沿いには,大小の土砂崩れや,大きな木が流されてきたままだったり
国道の補修工事が真っ最中だったりで,
雨の中,山の緑だけを楽しむようなドライブを続けてきまして

たどりついたのは,

DSC04644.jpg
玉川ダム

DSC04634.jpg
秋田県にあるダムのなかでも最大級です!

DSC04636.jpg
水力発電所もありまして

DSC04639.jpg
ドドドドドドという水の音が大迫力です☆

DSC04643.jpg
ここから放水されることがあったら,すごそう・・・

DSC04630.jpg
高さ100メートルのそびえ立つ壁。
直下にいる方々の大きさで伝わるでしょうか。
いつもは上から見るダムを,はじめて下から眺めました。
ツレ父母も初めての光景に「ほほ~」と感嘆の声(・o・)

IRIS@Tamagawa.jpg
韓国ドラマ「IRIS」で,イ・ビョンホンが白熱のアクションを見せた場所です。

DSC04646.jpg
たっぷり大きさを堪能した後は,ダムの上へと戻ります。
ダム湖の「宝仙湖」。
ジェットスキーを楽しむ方々の歓声が,山にこだましていました。

DSC04652.jpg
見れば見るほど,すごい建物。

DSC04653.jpg
ダム湖百選にも選ばれているこの湖。秋の紅葉は絶景なのです♪♪

DSC04657.jpg
上から見ても,100メートルの高さはすごい迫力。
このつるつるした丸い柵には,「あつくなっていますのでさわらないでください」との看板が。
触れると本当に熱い★ いろいろ防止するためなのでしょう・・・

DSC04660.jpg
就職してすぐの社員旅行で,この場所を訪れたとき,
ダムはまだ完成しておらず,水没する集落の中を国道が走っていました。
新しい付け替え道路は,目がくらむほど高い山腹に作られていて,
「あんなところまで水が来るんだ・・・」と,このダムの規模に驚いたものでした。
バスのなかから眺めた,いまは水の底にある,あの集落の風景は忘れられません。

DSC04662.jpg
玉川ダムをあとにして,新玉川温泉を外から眺めた(だけ)後は,
八幡平アスピーテラインの秋田県側登り口を目指して進みます。

つづく

よろしかったらぽちっとな☆φ(^o^)
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 秋田県情報へ
にほんブログ村

edit↓ top↑