fc2ブログ

プロフィール

あねっちゃ

Author:あねっちゃ
20ン年の共働き生活を休止し,専業主婦デビュー。
潜伏4年を経て,再就職トレ開始。
ゆるゆるな日常をゆるゆると書いております。
佐藤竹善・SING LIKE TALKINGファン歴25年。
2010年にMEA(マイクロ波子宮内膜アブレーション)を受けました。それについてのモロモロは,旧ブログのフリーページに置いてありますので,リンクからどうぞ☆
写真はクリックで大きくなったりならなかったり。

カレンダー

07 | 2014/08 | 09
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

FC2カウンター

onlineカウンター

現在の閲覧者数:

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

リンク

月別アーカイブ

カテゴリ

ブロとも一覧

こちらも書いてます

ブロとも申請フォーム

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
地域情報
415位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
東北地方
55位
アクセスランキングを見る>>

母のふるさとへ。

ふと思い立ち,八峰町にある母の実家のお墓参りへ。
ひとりきりで行くのは,初めてのことです。


往路は高速利用で,能代南ICを降りてから,なんとなく旧道へ。
沿道のお店を懐かしく眺めながら走る。
バイパスとの交差点・芝童森まで来ると,道路標識に「鰺ヶ沢」の文字が。青森が近い。

DSC04597.jpg
国道101号をひたすら北上し,秋田と青森の県境の町である旧・八森町へ。
「鹿の浦展望所」から白神山地を望みます。
山肌に「八」の字の見えるのは糠森山。字のキレがちと甘い。

DSC04596.jpg
展望台のあるこの場所は,日本海の大パノラマが広がります。
海岸線をたどって男鹿半島まで見えるのですが,あいにく曇り空。
天気のいい日は,最高の夕陽スポットとなり絶景なのです。
久々に寄ったら食事処も新しくなって,ちょっとした道の駅みたいになっていました。

SN3Q0010_000.jpg
展望所からほど近い,母方の墓所へ。
集落を見下ろせる小高い丘の上にあって,
ここに眠る方々が,生活を共にしてきた海を見られるようになっています。
あの日本海中部地震でここへも津波が来たとき,この坂を登ってみんなが避難した場所です。

「かわりに来たよ」とつぶやいたら,そのまま動けなくなりました・・・

SN3Q0011.jpg
従兄姉と遊んだ浜は,砂の堆積で浅くなり,もう船が出せなくなっていました・・・

内側の小さな岸壁に,半畳くらいあるエイがロープでつながれていたり,
奥の岩場まで泳いで行ったり,右の防波堤では釣りをしている人がたくさんいたり。

泳ぎ終われば,家の外にある水道のホースで砂を落としてから,お風呂。
土間に沢水を引いた簡易水道で冷やされたスイカをみんなで食べて。
泊まって起きて,この浜の前でやってたラジオ体操に参加して。

どうして昔のことって,こんなによく覚えていられるんだろう。

SN3Q0014_000.jpg
八森駅にも行ってみました。

SN3Q0022_201408192108260d8.jpg
東北の駅百選に選ばれてるんですよ。⇒こちら★

SN3Q0015.jpg
駅舎のわきから

SN3Q0016.jpg
ホームへ上る階段へと

SN3Q0012.jpg
石造りの急な階段は昔のままで,木造の立派な覆いができていました。

SN3Q0018_000.jpg
いい「ばっけ」(ふきのとう)が採れるらしい。

SN3Q0019_000.jpg
斜めの階段を上り,踊り場からは奥行きがある広い階段に。これも昔のまま。

SN3Q0020_20140818230109563.jpg
ホーム。町の中心部なのに秘境駅のたたずまい。

SN3Q0021_201408182301106e4.jpg
待合室は新しくなってます。

SN3Q0013.jpg
風通しのよい時刻表。 この隙間に「リゾートしらかみ」が通過していきます。
大雨の影響でこの先の岩館~深浦駅間は,ただいまバス代行輸送中。

SN3Q0023_20140818230216aeb.jpg
帰省のときはいつも父の車で来ていたのですが,
乗り物酔いがあまりにひどかったのか,一度だけ汽車(電車にあらず)で来たことがあります。
夏の日差しの中,駅から歩いてあるいて・・・
「まーだー?」「もう少しー!」と母と交わしたことばを思い出しました。

SN3Q0025.jpg
この町の砂浜を真っ黒に変えてしまっていた「発盛精錬所」も今は無く。
跡地を示す看板も朽ち果てていましたが,砂浜はもとの色に戻っていました。

SN3Q0027.jpg
雄島。前日の夜は花火大会があったようで,町は祭りのあとのけだるさ。

ずっとここに来たくて,ようやく来られたことで
胸につかえていた思いが,やっと晴れた気がしています。

よろしかったらぽちっとな☆φ(^o^)
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 秋田県情報へ
にほんブログ村

edit↓ top↑