プロフィール

あねっちゃ

Author:あねっちゃ
20ン年の共働き生活を休止し,専業主婦デビュー。
潜伏4年を経て,再就職トレ開始。
ゆるゆるな日常をゆるゆると書いております。
佐藤竹善・SING LIKE TALKINGファン歴25年。
2010年にMEA(マイクロ波子宮内膜アブレーション)を受けました。それについてのモロモロは,旧ブログのフリーページに置いてありますので,リンクからどうぞ☆
写真はクリックで大きくなったりならなかったり。

カレンダー

09 | 2013/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

FC2カウンター

onlineカウンター

現在の閲覧者数:

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

リンク

月別アーカイブ

カテゴリ

ブロとも一覧

こちらも書いてます

ブロとも申請フォーム

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
地域情報
595位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
東北地方
74位
アクセスランキングを見る>>

ツレ母のカボチャシチュー。


日本シリーズも盛り上がっておりますなあ(^▽^)
ここまで見てきて,楽天が強いというよりは,「どーした,巨人?」という印象です。
さて,勝利の行方はいかに☆☆

DSC02453.jpg
今日10月31日はハロウィーン。
そして兄ちゃんの誕生日です。

兄ちゃんを出産後の冬,底冷えのするツレ実家へ赤ん坊連れで帰省したとき,
ツレ母が夕飯に作ってくれた,カボチャのシチュー。

基本的にシンプルな和食のツレ家。シチューなんて!と驚いている私に,
「栄養つくかなーと思って。」とツレ母がぽそり。

それまで,初めての嫁姑関係でいろいろ衝突することもありましたが,
このときのシチューの暖かさは,素直にじんわりとしみました。

嫁いで20ン年。
後にも先にも,シチューがツレ家の食卓に上ったのはこのときだけでした・・・

DSC02452.jpg
あれから19年。
靴下を脱げば必ず裏っかえしになっている我が家のオトコどもに,
「しかたねーなー」とつぶやいて表に返しながら,

初めて,主人公のいない誕生日の夜を過ごしているのでした。

よろしかったらぽちっとな☆φ(^o^)
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 秋田県情報へ
にほんブログ村

edit↓ top↑

両親との山形旅行 2008。

秋の鉄旅行の日記で,私の両親との山形旅行について触れました。
ふと,当時の写真を見たくなって,5年前のSDカードを開いてみました。
デジカメを使い始めのころで,日付入りなのがご愛嬌です。


なかなか実現しなかった,両親を伴っての一泊旅行。
秋田駅まで電車で来てもらい,ワンボックスカーをレンタルしての旅でした。

行先は山形蔵王。
このとき,母が初めて「杖」を持って駅の改札を出てきたことに,
軽いショックを受けたのをよく覚えています。
昔から強い腰痛はあったのですが,さらに膝も痛くなり始めていたのでした。

チビ小学1年生,兄ちゃん中学2年生。二人とも幼い。

IMG_0282.jpg
蔵王ロープウエイからの紅葉と,はっきり見えた出羽三山は絶景でした。
感動の声をあげる両親に,一緒に来てよかった・・・と。
眼下に広がる山形の街に,この5年後,兄ちゃんがひとりで住むことになるとは。

IMG_0267.jpg
蔵王山頂には遊歩道があり,蔵王地蔵尊が鎮座なさっています。
この日は,眼下に仙台市の街並みと遥か太平洋が見渡せるほどの好天。
母は手を合わせ,ずっとお地蔵さまに祈りを捧げていました。

あとから「何を祈っていたの?」と尋ねる機会があり,母の答えは,
「亡くしたあの子が,幸せでありますように。って。」というものでした。
50年近くを経ても,「あの子」のことは,母の胸を離れることがないのです。

「あの子は戸籍に載ってないのかしら。載せられないのかしら・・・」と私につぶやく母に,
「出生届をしていないからね・・・」と,答えるどうしようもなさが悲しかったです。

月満ちて胎内を出たのに,この世の大気を吸うことなく,
きれいな子だったとしか告げられず,墓標も無しに葬られたあの子。

出産寸前に,臍帯がねじれて心音が途切れた兄ちゃん。
あまりの巨大さに,子宮破裂を回避するため2週早く出産したチビ。

昔であれば,確実に助からなかったであろう,わたしの子どもたち。
現代医学の力で助けてもらった孫たちを愛でる母の心を,
そのときあらためて知りました。

IMG_0286.jpg
両親といっしょに眺めた,高さ112mにものぼる,月山湖の大噴水。

抱くことすら許されなかった小さな命から,きっと見守られているはず。
二人の笑顔が,いつまでも続いてほしいと,写真を見つめています。

よろしかったらぽちっとな☆φ(ー人ー)
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 秋田県情報へ
にほんブログ村

edit↓ top↑

秋休み鉄道旅行3日目・山形~新庄~酒田~秋田

DSC02881_01.jpg
山形市で迎える朝。まだ眠いチビ。
このホテルはベッド最高☆アメニティもgood(^^)b☆ お高いけど常宿にしたーい。
前夜はとんかつに豚しゃぶをたっぷりいただいたので,朝はコンビニサンドにて出発。

DSC02286.jpg
10月14日は「鉄道の日」。各種イベントが各駅でにぎわっています。
山形駅では「つばさ」の体験乗車に早朝から長蛇の列(@o@;)

DSC02284_01.jpg
トロッコ列車の「風っこ号」がいました。
車内はお座敷になっていて,楽しそうな車両でした。乗ってみたいな~♪

DSC02294.jpg
われわれ家族は,奥羽本線普通電車にて新庄へ向かいます。

DSC02306.jpg
歴史を感じる古い車庫と,新しい車庫が並んで立つ新庄駅へ到着。

DSC02309.jpg
来年6月からの山形DCキャラの「きてけろくん」とおんなじポーズで。

DSC02311.jpg
顔の穴から顔を出さないのがツレの流儀・・・( ̄▽ ̄)

DSC02313.jpg
「つばさ」と普通電車が並んでいるのも,この駅のお楽しみ。

小さな美術館列車
奥羽本線秋田行の普通列車は「小さな美術館列車」のラッピングがされ,
秋田っぽい絵が車両にちりばめられていました。これもDC仕様。

DSC02314_01.jpg
ここから最短で秋田に帰るのであれば,上写真の秋田行に乗り換えればよいのですが,
あえての陸羽西線に乗りまして,最上川沿いに下りながら日本海へ向かうコースを。
通称「奥の細道最上川ライン」。車両は「湯けむりライン」(陸羽東線)となっていますが(^^)ゞ

DSC02321.jpg
ボックス席に陣取り,ビールをお供に出発しました。
そろそろ舟下りの船が見えるかな・・・古口駅には乗り場案内の看板。

DSC02324.jpg
見えてこないかと全面展望陣取りのチビ(^m^)
けっこう線路のカーブが多く,トンネルもたくさん。

DSC02332.jpg
ぱっと視界が開けて,最上川(^▽^)♪ 紅葉にはまだ早かったです。
舟下りの船が遠くに見えました。国道47号線と鉄道が川沿いに並走していきます。

DSC02338.jpg
舟下り終点の「リバーポート」前を通過。
私の両親を連れて,6人で蔵王観光と舟下りをした思い出がよみがえり,
涙がこぼれそうになりました・・・
あれから一気に両親が年老いてしまい,あのときの旅行が最後になりそうです。

DSC02341.jpg
列車は山間部を完全に抜けて,庄内平野が広がります。
発電の風車が,秋風を受けて気持ち良く回っていました。

DSC02348.jpg
鳥海山が見えてきて「帰ってきたなぁ・・・」という気持ちに。山頂は冠雪。

DSC02349.jpg
DSC02350.jpg
ワンマンカーはひた走り,酒田を目指します。
あれ?料金表を見ると,小牛田からずっと来た車両だったのかな・・・

さて,ようやく酒田駅に到着しました。ここで次の列車まで一時間ちょい待ち合わせ。
駅前の渋~い中華そばを堪能した後,気になる飲み屋を発見★

DSC02364_01.jpg
「ひとみ婆さん」が出てきそうな「旅人歓迎」の店「金魚」(^皿^)
「生き残り大作戦」展開中の,酒田駅前商店街・・・(^m^)
こりゃ,酒田にまた来て現地調査をする必要がありそうですな♪
ここで,ようやく秋田行の羽越本線普通電車に乗り換えです。

女鹿&折渡
途中,この路線でほとんど通過になる「秘境駅」に,停車することができました☆
「男鹿(おが)」があるなら「女鹿(めが)」もある(・o・)
山形県最後の駅「女鹿」。私の手が映り込んでしまった駅舎の三文字伏字が気になる・・・
乗降客なし。
そして,羽後本荘と秋田間で,ほぼスルーの「折渡」。
駅舎の「しょっぱさ」に味があります。ここでは一人乗車。
通勤時代を思い出しつつ,秋を堪能した三日間の旅を終えたのでした。

DSC02391.jpg
さて,またもや長々と書いてしまいましたが,
最後までお読みくださり,誠にありがとうございました(^人^)
12月までの秋田DC期間中は,雪が降る前の「いい季節」を楽しむことができますので,
いろんな路線にて,たくさんの方に来ていただけることを期待しています☆

よろしかったらぽちっとな☆φ(^o^)
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 秋田県情報へ
にほんブログ村

edit↓ top↑

秋休み鉄道旅行2日目・青森~仙台~山形


一夜明けた青森は,まだ冷たい雨。寒そうだなぁ・・・

DSC02166.jpg
「足湯であったまるべ!!」とツレに引っ張られて行ってみると,
お湯が無ーーい!!(ToT)11時からの営業でした(大苦笑)
「くどラー」であったまりました・・・
青森駅に着いたら,チビがこの傘をお店に忘れてしまい,お店へ戻るというハプニングも。

DSC02178.jpg
新青森駅まで,ひと駅の旅です。

DSC02183.jpg
DSC02181.jpg
新青森駅到着。
チビが函館への修学旅行で乗った,スーパー白鳥789系がいました。
側面に描かれた,津軽海峡を結ぶイメージ画がカッコいい♪
これから海底の青函トンネルをくぐって,北海道へ向かいます。
最近イロイロ噴出している,JR北海道・・・再生への道は険しそうです(・_・)

E6_1.jpg
そして,今回初めて乗るE5系はやぶさ!!
この便は,盛岡でこまちと連結なので「はやて」です。
2列・3列の「新幹線」な規格は,やはりゆったり。
グランクラスへは,入口でアテンダントさんがお出迎え。いつかは・・・p(^ー^)q

DSC02201.jpg
車内販売はこんな感じ。チビが青森りんごジュース購入。
お姉さんにはもう少し愛想が欲しかったような(´・ω・`)

DSC02202.jpg
というわけでコーヒーは見送り・・・
グランクラスでは,アルコールも含めたドリンク飲み放題なんですよねぇ。

DSC02203.jpg
新青森駅売店でナッツごろごろ煎餅といっしょに購入した,生南部サブレ。チョコ入り。
南部せんべい老舗の巖手屋さんのもの。珍しくスイーツ気分。

DSC02206.jpg
ガタンゴトン・・・な走行の「こまち」とは違い,「はやぶさ」は全力新幹線。
あっという間に盛岡へ到着。「やまびこ」がいました。
さあ,ここでいったん下車してホームで「彼女」を待ちますよ!!

E5andE6.gif
入線してきた「こまち」は嬉しいE6系!!(^▽^)ノ♪♪
そろそろ~と2回停止して,3回目に連結。
ホーム上は,老若男女が大興奮で連結シーンを見つめています。
秋田から「こまち」に乗って盛岡に来ると,どうしてもコレを見ることができません。
初めて見る生連結を,新型車両同士で見ることができて,ラッキーでした♪♪

DSC02218.jpg
チビといっしょに写真をバシバシ撮って,急いで再乗車。
ここからは,新幹線本来のスピードで,バビューンと行きますよ~

DSC02252.jpg
目的地の仙台駅に着きました。あったかい!!快晴!!

DSC02232.jpg
今回の秋旅のもう一つの目的。
「伊達アカ」という,「ハモネプ」的イベントを見に来たのですよん。
主催は大学生。東北6県の大学のみならず,各地のアカペラサークルから多数参戦。

DSC02239.jpg
歩行者天国になっている一番町商店街は,ギャラリーでいっぱい☆(@o@)☆

DSC02243.jpg
兄ちゃんたちのグループが熱唱♪♪
バスケ~弓道から~の,アカペラ( ̄▽ ̄)振れ幅大きすぎだろって☆
仲間もすごくいい子たちで,楽しい大学生活を謳歌していることを目の当たりに。
よかったよかった♪(^m^)

DSC02249.jpg
ステージを見た後は,駅までさくっと戻ります・・・
仙台市滞在時間三時間(笑)
歩道のイチョウが,大量のギンナンを落としている最中で,
踏まないようにするのが難しいくらいの,黄色いじゅうたん状態でした(^^;)

DSC02250.jpg
仙台の街,空気の感じが好きなんですよね~
子供のころ住んでいたせいか,いつ来ても,My Home Town な気持ちです。
次はいつ来られるかなぁ。また来たいなぁ・・・

DSC02253.jpg
ここからは仙山線へ乗り換えです。改札が広い。

DSC02254.jpg
久しぶりの仙山線。車両が長いのは,利用客の多さに比例してのもの。

DSC02257.jpg
ボックス車両に腰を下ろし,今日の最後の旅のお供はイーグルス缶。

DSC02280.jpg
仙台に宿が取れず,この日は山形市での宿泊となりました。
ネットで取れた最後の2部屋。
仙台では「産婦人科学会」山形は「介護学会」・・・(・o・)どーりで満室★
広いベッドにゆっくりと体を休めて,明日は秋田へ戻ります。

よろしかったらぽちっとな☆φ(^o^)
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 秋田県情報へ
にほんブログ村

edit↓ top↑

秋休み鉄道旅行1日目(3)五所川原~青森

DSC02095.jpg
やってきました,初めての五所川原。
お目当ては,駅から徒歩5分ほどで行ける「立佞武多の館」。
母から「ここは一度行ったほうがいいよ~♪すごいよ~~♪」と推し推しされた場所。

立佞武多_1
館内の透明エレベーターで,いきなり建物の4階まで上ります。
高さ23mという立佞武多(たちねぶた)。
青森のねぶた,弘前のねぷた,そしてこれ。迫力がすごすぎます!!
回廊を歩いて降りながら,その大きさに感嘆。
その細密な造形と彩色,人物の表情の豊かさに心を奪われます・・・

立佞武多_2
青森のプレスリーも(笑)ずらり並んだ金魚ねぷたが,異空間・・・
「走れば,まね!」まねものはまね!

DSC02102.jpg
昼食を取って,さて次のに乗り換えます。駅に再び。

DSC02101.jpg
ここにもねぶたが飾られています。そしてその右手には・・・

津軽鉄道_1
ストーブ列車でおなじみの「津軽鉄道」の駅があるのです。※リンクはこちら(音が出ます)
時刻表が縦書きです・・・(T▽T)くぅ~~渋い~~

DSC02103.jpg
すると,入線してきた津軽鉄道「走れメロス号」。なんと「鈴虫列車」!!
車内に鈴虫の籠が置かれ,音色を聴きながら乗れるのです。
新入社員さんは「鈴虫養育係」に任命されるんだとか(^m^)

DSC02107.jpg
私たちが乗る汽車が入線してきました。
今回,「どうしてもコレに乗る!!」とツレが大プッシュ。なぜなら・・・

DSC02109.jpg
昔懐かしい,窓の開く車両なのです(@▽@)
乗り物酔いがひどかった幼少時,窓からの新鮮な空気が不可欠でした。
金魚のごとく,酸素を求めてパクパク・・・

DSC02110.jpg
国鉄っぽい座席表示。網棚も昭和。
窓の開かない電車に乗っても酔わなくなった私。オトナになりました( ̄▽ ̄)

DSC02120.jpg
「んふんふ」(両側がリンゴの木ばっかりですよ~)

DSC02121.jpg
難読駅名★( ̄o ̄)

DSC02122.jpg
青森発のリゾートしらかみ「くまげら」とすれ違います~
私たちが乗車したのの折り返しです。

DSC02123.jpg
ようやく青森に着きました。青い森鉄道には乗りませんw

DSC02124.jpg
A-Factoryと,ワ・ラッセの前で。海風が寒い><
ここに来ると,いろんな思い出がよみがえります☆

八甲田丸_1
その先に係留されている,元・青函連絡船「八甲田丸」へ。
中学の修学旅行で北海道へ行ったときは,連絡船でした。
青森駅から連絡船へつながる通路の,長くて遠かったことは印象深いです。
コレに,貨車も積み込んで津軽海峡を渡っていたことは,だいぶ後で知りました。

DSC02145.jpg
もう使われなくなった線路。船へ向かって真っすぐ伸びていました。

DSC02164.jpg
雨風が強くなってきて,ホタテをお腹いっぱい食べた後は,すぐホテルへ。
長い長い一日目が,ようやく終わります。
三角形のアスパムのライトアップが,きれいな夜でした。

よろしかったらぽちっとな☆φ(^o^)
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 秋田県情報へ
にほんブログ村

edit↓ top↑

秋休み鉄道旅行1日目(2)秋田~五所川原

DSC02010.jpg
秋田駅を8時27分に発車した,「リゾートしらかみ」くまげら編成。
8時55分に秋田駅から横手へ向かうSLを後ろに見送りました。

最初の「ゆっくり停車駅」東能代駅。
くまげらそっくりな待合室(以前の記事参照)の前で,駅員さんたちがお出迎え。
ここからは奥羽本線から五能線を走るので,進行方向が逆になります。
ボックス席の広い窓が,山側から海側の眺望に変わります。

DSC02013.jpg
カメラを向けると,打撃フォームの親子・・・

DSC02019.jpg
次の「ゆっくり停車駅」は能代駅。
能代工業高校の,全国制覇でバスケの街として有名です。
ホーム上のゴールをめがけ,5分の停車時間でシュート大会!大盛況♪♪

DSC02020.jpg
見事ゴールを決めた父子。記念品をGETです。

DSC02021.jpg
記念品は秋田杉のコースター。焼印が押されていて,木のいい香りがします。
東能代駅くまげら待合室でのスタンプとともに。

DSC02032.jpg
日本海沿岸をどんどん北上していきます。

DSC02033.jpg
岩館海岸は,その名に違わぬ岩場。ずっとこんな荒波の日本海が続きます。
並走する国道101号線は,冬になると大変だろうなぁ・・・(・_・;)
五能線は,天気が荒れるとすぐ運休になりますが,こんなところを走っているからなのです。

DSC02038.jpg
DSC02039.jpg
十二湖でかなりのお客さんが下車しました。
ここで観光した後は,後発の青森行きか,復路の秋田行きを選ぶことになります。
白神山地の素晴らしい景観が楽しめるスポットとして,こちらはおススメです。

DSC02040.jpg
ボックス席の座面を両側からくっつけて,ゴロンとシート状態に。
両親はすでに一杯やっていい気分(*^^*)チビはマンガ読んだり,まったり。

DSC02041.jpg
十二湖駅を過ぎると,白神山地は南に消えていきます・・・

DSC02045.jpg
ここからは青空が続きました(^^)夕日の時間帯だと素晴らしいでしょうね。

DSC02047.jpg
ゆっくり停車駅の深浦。お,反対側には「橅(ぶな)」編成ですね~
一斉に,双方の乗客がタバコを吸いにホームへ降りてきます(^。^)y-.。o○
リゾートしらかみは,完全禁煙なのです(`・ω・´)キリッ

DSC02049.jpg
橅とくまげらが並んでいる顔を撮りたかったのですが,
ホームの端っこギリギリに立っても,コレが精いっぱい★チビも不満げ><

DSC02054.jpg
深浦を後にして,「わさお」の街,鰺ヶ沢。

DSC02057.jpg
青森行のこの列車。私たちは五所川原で途中下車して次の目的地へ向かいます。
鰺ヶ沢から乗車した奏者さんの,津軽三味線の生演奏を聴きながら,
じょんがら節に,魂が「じゃわめいで」胸がいっぱいになる私でした。

よろしかったらぽちっとな☆φ(^o^)
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 秋田県情報へ
にほんブログ村

edit↓ top↑

秋休み鉄道旅行・1日目(1)秋田駅にてSL&くまげら

しばーらく更新をお休みしていました★
ご心配いただき,ありがとうございます。なんとか元気です(^^)
放置しっぱなしだった,鉄旅から起こしてまいります。
相変わらず写真が多く,全部サムネイルにしましたので,クリックでお楽しみください♪


秋田県の小・中学校は,前期・後期の二学期制です。
ちょうど10月の三連休とその後一日の4日間が「秋休み」。
東北ローカル線パス」で,「リゾートしらかみ」と「由利高原鉄道」に,
の~んびり乗車する鉄旅を企画していましたが,
急きょ,仙台へも向かうこととなりまして,
夏休みに続き,またもや通常価格の一筆書き片道長距離切符の旅になりました・・・

DSC01967.jpg
出発日の秋田駅は,異様な興奮に包まれていました・・・
線路を最高のロケーションで見渡せる,中央改札正面喫茶コーナーから眺めます。

DSC01970.jpg
古い客車が,ディーゼルに引かれて入線してきます。最後尾からは白煙がもくもく。

SL秋田こまち号
秋田DC最大の目玉,SL秋田こまち号横手行きです!!
今回は,古い客車と,さらに古~~い客車での運行だったため,プラチナチケット。
秋田駅には転車台がないため,横手に顔を向けたまま,引っ張られてきたのです。
盛大なセレモニー(知事に秋田市長まで参列)のなか,大興奮の各種鉄さん大集結。

DSC01991.jpg
その横へ,私たちが乗る,リゾートしらかみが入線してきました☆

DSC01998.jpg
新旧のリゾートしらかみと,奥には男鹿線。

DSC02000.jpg
こちらが以前リゾートしらかみに使われていた車両です。
今は「クルージングトレイン」として,冬場の酒蔵探訪日帰りツアーなどで活躍中。

くまげら_1
さて,初めて乗る「くまげら」。
4人用ボックス席をGETできました(^ー^)v ※編成・座席はこちらから
以前,ハイブリッド青池の試乗をしましたが,くまげらもステキ♪

さて,目的地の五所川原へ向けて,出発です☆

よろしかったらぽちっとな☆φ(^o^)
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 秋田県情報へ
にほんブログ村

edit↓ top↑

台風過ぎて,冷え込んで。

   冬は    高見 順


冬は

手から冷える時と

足から冷える時とがある



悲しみは

いつも真っすぐ心に来る




チビの国語の教科書をパラパラめくっていたら,つい熟読(・_・)ジッ

台風が通り過ぎて,一気に気温が低くなったから,
この詩が目に入ったのかもしれません。

DSC01975.jpg
@秋田駅中央出口有人改札(クリックで拡大)

この連休,またもや鉄旅にでかけてまいりました。
そのときの食べ歩き記を,今日,機関銃のごとく「あちら」へのっけました。
あー,頸肩腕が痛ーい(´Д`)

旅行記はまた後ほど・・・

よろしかったらぽちっとな☆φ(^o^)
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 秋田県情報へ
にほんブログ村 

edit↓ top↑

弓のつくお社にて。

DSC01958.jpg
台風一過の晴天。
定期通院の待ち時間で,駅前を小一時間散策してきました。

まずは「弓のつくお社」へと。
立派なイチョウの木から,鈴なりのギンナンを落としているところでした。
参拝の方が踏むといけないからとおっしゃって,落としてはせっせと集めかた。
「お持ちになりませんか?」とお声掛けいただきましたが,
上手に種だけにすることがなかなか難しいので,お気持ちだけ(^人^)

DSC01963.jpg
じつはここにも「お宝」が潜んでいるのでした・・・(^m^)
これで中央エリア3か所ビンゴ☆

DSC01959.jpg
境内の立派な桜の木の根っこに,とても大きなキノコ(・o・)
参拝し,絵馬を奉納したあと「良いお参りでした^^」とお声掛けいただき,
心底ありがたい気持ちでいっぱいになりました。

DSC01956.jpg
店頭には,秋の味覚がたくさん並んでいます。
ちょっと珍しいものを見つけたので,即購入。

DSC01957.jpg
いろんな種類のぶどうを,一粒ずつ丁寧にカットしてありました。
黄緑色の細長い種有り。初めていただきましたが,爽やかで美味しかったです♪
何ていう品種なんだろう・・・房になっているのを見てみたいですね(^^)

よろしかったらぽちっとな☆φ(^o^)
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 秋田県情報へ
にほんブログ村

edit↓ top↑

鳥海山にて。

先日,男鹿半島でがんばってきた「リアル宝探し」。
話を聞くと,けっこうはまっている方がいるようですね。
ツレの職場でも,弘前や雫石まで出かけてお宝を見つけてきているとか(@o@)
お互い情報交換をして,エリアのクリアを目指します。

さて,我が家も負けてはおられません★
いろいろクサクサしていてもしょうがないので,由利本荘地区を攻めてまいりました。
2か所GET(^ー^)b ヒント画像をお土産に貼りました。男鹿に比べて簡単だったな~

DSC01952.jpg ←上下ポチポチでドーゾ(^^)

せっかくここまで来たのだからと,
朝は土砂降りだったのに,そこだけぽっかりと晴れていた鳥海山を目指すことに。
秋田県から山形県に抜ける「鳥海ブルーライン」を自分で運転するのは初めて。
しかも来るのはなんと,人生2回目☆以前は20年以上前だった気がします・・・
カーナビはありませんが,標識とカンを頼りにレッツラゴー!!

660ccの4WD軽自動車は,明らかにスタミナ不足(>o<)
エアコンを切り,オーバードライブをOFFにして,ヒーヒー登っていきます。
ヘアピンカーブを登り切り,5合目の鉾立(ほこだて)に到着。
広くなった駐車場に車を止め,絶景を眺めます。
写真をクリック拡大でご覧下さいませ~(^o^)

DSC01933.jpg
うわぁ・・・(*・▽・*)
遠く男鹿半島まで続く海岸線が,きれいに見えます。

DSC01942.jpg
象潟,旧本荘市街,そして秋田市まで沿岸の街並みがはっきり。(分かるかな^^)
太平山,森吉山,白神山地までも見えるこの素晴らしさ・・・
いろんなことがあった私の,胸がいっぱいになります。

DSC01936.jpg
こちらは山形県側。
酒田の街並みと,遠く佐渡までもが見える素晴らしい風景。
紅葉は,あと一週間ほどで見ごろになりそう。

DSC01947.jpg
稜線に刻まれたラインが美しい。ここを見下ろすと奈曾の渓谷。
耳を澄ますと,渓谷の底を水が流れる音が聞こえてきます。すごく険しい勾配と高さ。

DSC01949.jpg
着いたときは山頂にかかっていた雲が,少ししたら流れてくれて,
山頂が見えました(^o^) いつも自宅から見えていた先っちょが間近に。

DSC01944.jpg
もっと時間があったら,山形県側に降りていきたかったのですが,
ここでタイムアップ☆
同じ道を通って,秋田県側へと降りていきました。
もちろんオーバードライブOFFで,エンジンブレーキを利かせつつ(^ー^)

鳥海山から,自然のチカラというかパワーをたくさんもらいました。
ここの清浄な空気に触れ,おおげさですが「生きていく希望」が,
からだに満ちていくのを感じて,遠出の疲れも飛んでしまうかのようでした。

翌日の今朝はまた土砂降り・・・
しばらく雨が続くということで,この貴重な晴れの日に大感謝です(^人^)

よろしかったらぽちっとな☆φ(^o^)
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 秋田県情報へ
にほんブログ村

edit↓ top↑

可及的ゆるやかに。


たそがれ。

どんどん日暮れの時間が早くなってきました。
暗くなると,会う人の顔すらわからなくなります。
「誰そ彼(たそかれ)」=「誰だ,あれは」と言ったことから,
「たそかれ(たそがれ)」は夕暮れ時をさす言葉となったんだとか。

DSC01914.jpg
ある決意をして,車内から,このたそがれを見つめていました。

このブログタイトルに「可及的ゆるやかに」とつけた私。
その言葉が,私の切なる願いになりました。

よろしかったらぽちっとな☆φ(・o・)
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 秋田県情報へ
にほんブログ村

edit↓ top↑

秋田県でもストリートビューOKに。


今まで,上図のようにGoogle Map のストリートビュー空白地だった秋田県ですが,
9月26日から見られるようになりました。
秋田DC前に,実現して良かったかも。

まずは自宅から見ちゃおう(^o^)
すご~く天気が良い日にGoogleカーがやって来たのがわかる,青空。

わ,愛車がしっかり写ってるわ(@_@;)
見上げると,ベランダに布団干しをする私の姿が・・・(((;゚ρ゚)))アワワワワ
・・・写ってなくてよかった(^^;)マジアセ。

ご無沙汰な実家へ訪問(笑)
お。庭木が表札を良い感じで隠してくれてる(^ー^)v

でも・・・
庭の洗濯物が全開(/ω\〃)イヤン
拡大すると,父のパンツがはっきりわかる!(/ω\〃)ハズカシー!
全世界に公開中の洗濯物・・・嗚呼。

よろしかったらぽちっとな☆φ(^o^)
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 秋田県情報へ
にほんブログ村

edit↓ top↑