fc2ブログ

プロフィール

あねっちゃ

Author:あねっちゃ
20ン年の共働き生活を休止し,専業主婦デビュー。
潜伏4年を経て,再就職トレ開始。
ゆるゆるな日常をゆるゆると書いております。
佐藤竹善・SING LIKE TALKINGファン歴25年。
2010年にMEA(マイクロ波子宮内膜アブレーション)を受けました。それについてのモロモロは,旧ブログのフリーページに置いてありますので,リンクからどうぞ☆
写真はクリックで大きくなったりならなかったり。

カレンダー

08 | 2011/09 | 10
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

FC2カウンター

onlineカウンター

現在の閲覧者数:

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

リンク

月別アーカイブ

カテゴリ

ブロとも一覧

こちらも書いてます

ブロとも申請フォーム

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
地域情報
415位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
東北地方
55位
アクセスランキングを見る>>

我が名は「正樹」。

【タイトルとは無関係です☆】
あの方のお家のシンガプーラちゃん♪
今日イオンモールで子犬や子猫見てきたけれど,めんこかった・・・
high touch!

で,本題・・・

私は二人姉妹なのですが,父は相当に男の子が欲しかったようです。
生まれる前から自分の子どもは男だと疑わず,名前を用意していました。

それが「正樹」。
読みは「マサキ」ではなく「マサミキ」。
まあ,そうも読めなくはないんですが。

それしか名前を考えていなかったせいで,
私と妹の名前はそうとう悩んで届出期限ぎりぎりで命名。
おかげで,二人とも非常に平易な読み方の名前に落ち着きました。
どんな苗字に変わっても,それなりにハマる名前です。

じつは旧姓は,平易な字なのですが,やや難読。

最初の小学校での入学式のときのことですが,
貼られたクラス名簿に私の名がありませんでした。
両親が探したところ,誤読された氏名が書かれていまして・・・
仕方なく,その教室に入りましたが,
胸に着ける名札も学用品も,当然ちがう苗字が書かれており・・・

激怒した両親が担任に抗議しましたが,
間もなく入学式が始まるので学校側は大混乱。
正しい読み方だと,出席番号がぜんぜん変わるんですから。

新入生の名前読み上げの順番を無理やり変えて,式はとりあえず終了。
名札は後で取り替えますと言われても,なんだかトホホな入学式に。

以後,結婚して,国内でも相当にポピュラーな苗字になるまで,
この難読旧姓と付き合ってきたのです。

もし男に生まれて「マサミキ」になっていたら・・・

苗字は正しく読んでもらえないは,
名前は「えっ??マサキさんじゃないんですか??」と言われ続け,
相当に難儀したのではなかろうかと思っています。

孫にも「マサミキ」は命名しませんでしたが,
男の子が二人生まれたことで,父の溜飲は下がったようです。

ただ,この名前の存在を父から知らされたことが,
「私は『マサミキ』で在らねばならなかった」という思いにとらわれて,
女の子らしくふるまうことを阻む原因になっていた気がします。

若い頃,父とは相当衝突しましたが,
そのたびに,父が「マサミキだったらよかったのに」と思っていないかと感じました。

就職して,結婚して,母となって,
そのときどきで男女の違いに悩むとき,
私がもし「マサミキ」ならどんな生き方をしていたのか。

そんなことをまたふと思う,この頃なのです。

edit↓ top↑