プロフィール

あねっちゃ

Author:あねっちゃ
20ン年の共働き生活を休止し,専業主婦デビュー。
潜伏4年を経て,再就職トレ開始。
ゆるゆるな日常をゆるゆると書いております。
佐藤竹善・SING LIKE TALKINGファン歴25年。
2010年にMEA(マイクロ波子宮内膜アブレーション)を受けました。それについてのモロモロは,旧ブログのフリーページに置いてありますので,リンクからどうぞ☆
写真はクリックで大きくなったりならなかったり。

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

FC2カウンター

onlineカウンター

現在の閲覧者数:

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

リンク

月別アーカイブ

カテゴリ

ブロとも一覧

こちらも書いてます

ブロとも申請フォーム

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
地域情報
421位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
東北地方
55位
アクセスランキングを見る>>

思っている。祈っている。

高校のとき、共にファンだった大沢誉志幸さんのライブを一緒に観に行き(サボって)
あの曲がいい、この曲がいいと、盛り上がっていた友人73ちゃん(仮名)。

前の記事を書いたあと、お盆帰省したときに偶然再会しました。

IMG_0910.jpg

かつての秋北バスのバスターミナル。
かつて人々で溢れていた場所には寂寥感だけで、帰ろうとしたそのとき。
出口で会った子連れの女性。

違っていたら謝ればいい、とすれ違いざまに呼びかけた。

「73ちゃん!?」

「!あねちゃん!?」

私たち以外、誰もいないターミナルで、ほぼ10年ぶりの再会を喜んだ。

彼女は先月お母様を亡くし、私は間も無く母の一周忌だと短く伝えあい、
「声かけてくれてありがとう!」と笑って別れた。

彼女と再会するのは、みどりの窓口やバスターミナルで行きずりに偶然に、がほとんど。

既にお父様を見送っていた彼女は、帰る家に待つ人はいなくなってしまったのだ。

そして、母の一周忌の帰省の折。
新聞のお悔やみ欄に喪主な彼女の名前を見つけた。

また偶然の再会。
うん。行くよ。お母様を一緒に見送ろうね。


台風の後追いしながらようやく到着。

IMG_1149.jpg
淹れたてのフレンチローストはどしんと濃く、
りんごのシブーストが運転疲れを癒してくれる。

IMG_1145.jpg
黒衣に羽織りものの私を見つけた子どもらが
マツコ、マツコだとささやく声が聞こえてくるが
こんな風に人々が集まりさざめく場所が、
寂れて行くこの街にできて、良かったなと苦めなコーヒーを飲んだ。

見送りの会場へ着くと、天気雨に反射して、大きな虹がかかっていた。
出迎えてくれた73ちゃんに
「虹が出てるよ、お母様が会わせてくれたね」
大変だったであろう彼女の肩に触れ、声をかけて室内へ向かうと、
彼女の友人で来ていたのは私ひとりだけだった。

葬儀は滞りなく進み、スポーツが得意で、
さばさばとキップの良かった彼女のお母様に、お世話になった感謝を伝えた。

最後に導師さまの法話があった。

故人は
人生の時どきで、家族の平安を思い、家族の平安を祈っていました。
伴侶が先立ち、子どもらが巣立ち、孫が生まれて
その折々に、ひとりで暮らしながらもその平安を思い、その平安を祈っておられた。
それは、亡くなられた今も、変わることはなく、思い、祈っておられるのです。

涙が落ちた。

お母様をひとりきりで行かせてしまったという思いでいっぱいの、
彼女と妹さんの気持ちに寄り添ってくれたのでした。

自らの母の一周忌でも泣かなかった私だが、導師さまの穏やかなことばは
私の思いにも寄り添ってくれて、涙が止まりませんでした…

またいつか偶然会おうねと、
いつものように彼女へ声がけして

見上げた空。

よろしかったらぽちっとな☆φ(;_;)サミシイ
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 秋田県情報へ
にほんブログ村

edit↓ top↑

大澤さんに逢いに行く。

先月のお話です。

高校野球の秋田県大会で,
母校が勝利を目前にしながら,空前絶後の大逆転負け・・・_| ̄|○

「今年の夏は終わったな・・・」と秋風が吹いていた
私の心にフト引っかかったネット情報。

そういえば今夜
大澤誉志幸さんが,秋田市でライヴをやるんだった(・o・)

へば行くっすべ!!

IMG_0710.jpg
大澤誉志幸 SASURAI TOUR 2017
「Journey to soul ~北海道・東北への旅」
会場は秋田市大町にあります老舗ライヴハウス CAT WALK。

IMG_0705.jpg
ひとりライヴ参戦は慣れっこな私ですけれど,
ホームでありながら此処に来るのはお初\(//∇//)\

IMG_0708.jpg
ワンドリンクをば,とウーロン発注。クルマで来たしね。

実は
高校の時,大沢誉志幸(沢の字が旧字でなかったころ)さんが大好きで
友人73ちゃん(仮名)と二人で午後から授業をサボり,
秋田県民会館へ大沢さんのコンサートを見に行ったことがあるのです!

当時は沢田研二,吉川晃司,ビートたけしetcに楽曲提供しながら
キレッキレな活動をされてた大沢さん。

好きすぎるあまりに,放送部のトモちゃん(仮名)にお願いして
昼休みにアルバム「CONFUSION」を流してもらったのはいいものの
1曲目のタイトル曲で学校が揺れまして(;^_^A
2曲目の「そして僕は,途方に暮れる」で着地したという
マニアックすぎる選曲に,放送部が怒られたとか聞きました・・・

そんな若気の至りを思い出し,
ウーロンをちびちびすすっていると,テーブルが徐々に埋まりはじめまして
四人掛けに所在無く座っていた私の向かいに

「ここいいですか?」と,私より少しお姉さんな方が着席。

どちらからともなく,大沢さんとの馴れ初めを語り合い
県民会館でのコンサートも一緒に観ていたことがわかり,意気投合!

「あのコンサートのチケット,蛍光だったよね!!」
と,当時のファンでなければわからない話でヒートアップし
お姉さんが持参されていた現物(!)を見せてもらって,感激しているところへ

IMG_0717.jpg
大澤誉志幸さん(澤が旧字)登場です!

海の家で,おねいさんをからかいながらへらっとしてる
いい感じのオジサマなスタイルでしたわ(^▽^)
帽子にシャツひっかけの短パンスタイルっす。

IMG_0709.jpg
ギターかき鳴らしの大澤さんと,サポートはカホンだけ。
吉川が歌った夏っぽいあの曲から始まった大澤さんのハスキーな歌声は
あの頃となーんも変わってなくて。

ああ あれから30年も経っちゃったのか

なんて思う間もなく,還暦の彼に煽られ総立ちですよ!
孫がいそうな50代・60代が,総立ちでこぶしを振り上げましたよ!
血圧振り切っちゃったら,ホントにHEAVENへGOしちゃうべ!

IMG_0718.jpg
コーフンのひと時が終わって
CD購入後のサイン&握手会wにて

「30年ぶりでお逢いできました!」とお声がけして
「どう?俺,変わった?」なんて大澤さんに笑顔で返されたら

高校生の私に大声で言ってあげたくなった。

「お前,大澤さんに,30年後,握手しながら話してもらえるぞ!!
その日が来るまでがんばれ!!」

IMG_0715.jpg
CDはツボ曲ばかり。ゆっくり落ち着いて聴こうと思ってます。
「こっちをお向きよソフィア」はカラオケでよく歌います。ええ。そりゃもう。


県民会館コンサートでのアンコール最後の曲は
ギター一本で大沢さんが歌ったコレでした。

この動画,カックラキン大放送なんだぜ・・・
何もかも懐かしいべしゃ・・・

よろしかったらぽちっとな☆φ(^o^)
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 秋田県情報へ
にほんブログ村

edit↓ top↑

梅雨の晴れ間に。


広告がまた出ちゃいました・・・
今朝の鳥海山がきれいだったので,久々に書いてみます。
なんとなく梅雨入りして,なんとなく梅雨明けするんでしょうね。今年も。

SNSでは食べネタを中心に発信しておりましたが,
あちらのレビューはなかなか書けずです。
キングレビュアーの某氏がお店からどうのこうのというのを知りまして,
ますます遠のきそうな,予感がいたしております・・・
ストックはいっぱいあるんですけれどねー。そのうち気が向きましたら写真だけでも。

IMG_0503.jpg
GWに墓参り帰省してくれた妹と,
母の一周忌法要の日程を決めたところに,
秋田市の健康診断受診券がどっさり届きました。

SNSで「フルコンプしてやるぜ!」と元気に意気込みを語ったものの,
ここ数年毎回引っかかる病気の半年ごとの受診を,すでに一年半放置していたので,
まずはそれから行くか!と。

行ったら見事に引っかかりました・・・_| ̄|○

一週間ごとに痛い検査を受け,結果を聞きに行き
さらに精密検査に回りまして,
結論から申し上げますと,とりあえずはセーフ。
しかし今後は3か月ごとに経過観察な検査を受けることになりました。

IMG_0511.jpg
明るく,大輪のシャクヤクのような人だった母が,検査の甘さから病巣を見逃され
判明するまで,辛すぎる時間を過ごさせてしまったことが思い出されました。

今回久しぶりに検査を受け,結果への不安を抱えながら
悪い結果であってもそれはどーにもならんな,と
表面的には平静を装い過ごしていましたが,

実際,治療開始となれば,チビはどうしよう。
一泊入院なら何とかなるだろうけれど,それ以上長引いたら・・・
などと
現実的な人的・物的手配を考えていました。

IMG_0569.jpg
そんなときの,野際さんや麻央さんの知らせ。
去年,闘病中の母と一緒にテレビで見るのが辛かったのに。
あまりの痛ましさに,執拗に繰り返される報道は全て見ないでいます。

まだ一人前になっていないチビへ,ある程度のことができるよう仕込もう。
そうすることで,「残していくかもしれない」という不安は少しでも解消される。

私が弱って消えることで喜ぶものに
みすみすオールを渡してはなるものか。

20170524.png
職場に大量に届く郵便に添えられた四つ葉のクローバー。
働く私たちへの優しいねぎらいに,
こういうおばあさんになろう,なるためには生きないとな。

会ったこともない優しい人から
暖かい励ましを受けて,今日も頑張ろうと思うのでした。

よろしかったらぽちっとな☆φ(^o^)
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 秋田県情報へ
にほんブログ村

edit↓ top↑

2017年さくら巡り~秋田市内編

桜満開
この週末は,夜中に冷たい雨が降ったりでしたが,日中はお花見日和に恵まれました。
折しも中学校の運動部は市春季大会の真っ最中,
Bリーグはハピネッツが田臥率いる栃木と対戦で,
お花見どころじゃなかった方々もいたかも。

元部活仲間からラブコールを受けて,チビがうきうきと遊びに出かけたので
私もフリーになった日曜日,お花見と映画の一日にいたしました。

DSCF4589.jpg
臨海バイパス沿い,秋田プライウッドの敷地の桜から。
運転中に見惚れる桜です。

DSCF4593.jpg
風は少し強めですが,青空に花が映えます。

DSCF4594.jpg
そして,ここ数年お気に入りの太平川へと移動。
陽気に誘われてか,人出も上々。

DSCF4601.jpg
酒銘柄の提灯と,横断幕がいいですね~

DSCF4600.jpg
おだんごの「信濃や」さんが花見だんごを出張販売しています。

DSCF4606.jpg
梅に椿にレンギョウにタンポポ,水仙まで桜と一緒に一斉開花するので

DSCF4603.jpg
秋田はもう,花真っ盛りなのであります(cv:ナイツ塙)

DSCF4608.jpg
おルービも喉に心地よさそうな陽気。

DSCF4609.jpg
太平川の桜は,川のカーブに添って落ち込む枝ぶりが見事。

DSCF4615.jpg
花の下で,生まれたばかりの赤ちゃんと一緒に自撮りしていた若夫婦に幸多かれと。

DSCF4616.jpg
川沿いをゆっくりと歩きながら,行き交う人々の笑顔にほっこりとして。

DSCF4624.jpg
固定のミニ屋形船に風情あり。

DSCF4622.jpg
昨年のお花見から一年。
いろんなことがありました・・・

雪の冬を越え,時満ちれば毎春忘れることなく開花する桜の生命力。
「生きるのですよ」と言ってくれているかのようで
毎春会いに来てしまうのです。

DSCF4632.jpg
太平川を後にして,観に行った映画は「この世界の片隅に」。
ありふれた日常に,ひたひたと何かが押し寄せてくるこの頃の気配は,
すずさんが生きていたころに重なってくるような感じ・・・

この世界の片隅で,ただ平凡に生きていければ。

この日最後に観た桜は,赤ちゃんだった兄ちゃんと見上げた社宅の桜でした。

よろしかったらぽちっとな☆φ(^o^)
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 秋田県情報へ
にほんブログ村

edit↓ top↑

昨日会えたから今日も会えるとは限らないのだ。


秋田市の桜は,昨日19日に満開宣言が出ました。
出勤する時,晴れ渡った青空に咲く白い桜。

でもこの日は
後輩マサの葬儀でした。

日曜日の夕方自宅で倒れ
そのまま二度と目を覚まさなかったのだそうです。

月曜日,出勤してすぐ訃報を知らされ
にわかには信じがたくて。

だって
あんなに元気だったじゃないか。

いつだって豪快に笑いながら
人と人をつなげてしまう,そんな奴だったじゃないか。

あたまのなかはそんな思いでいっぱいになり
仕事は全く手につかない。

その日の夕方,生家にいるという彼を訪ねると
玄関には彼がこれから眠るための白い棺が置かれており
その知らせが現実だということを突き付けられて。

ご両親の導きで
白い布団に寝かされているマサのもとへ。
顔には白い布がかけられてる。

嘘。

なんでや。

彼がいつもいつものろけていた,最愛の奥様が
「顔,見てやってください」
その布をそっとおろしてくれると

マサの銀髪が見えて
男前なその顔が現れた。

寝てる・・・
ぐっすり寝てる・・・

涙と嗚咽を堪えることができなかった。

ご家族は気丈にふるまわれているが
こんな時に泣けない辛さは,私が一番よく知っていた。
それが余計に私の涙をあふれさせた。

ご家族に
マサがどんなにか信頼されていたか
先輩からも後輩からも,お得意様からも愛されていたかを話し

抑えられない嗚咽で
全部が伝えられたかはわからないけれど
彼の周りのみんなが,どんなにか彼のことを大好きだったか
ということを伝え

最後のお別れをしてきました。

秋田から遠くへ転勤してしまった仲間へは
マサの寝顔が安らかだったことを伝えて
駆けつけられない自分が悔しいと泣く彼らと
電話口でお互い泣きあいながら

やりきれない気持ちのやり場をどうすればよいのか
そんな今週の私たちです。

先週末
中学校の同級生と30数年ぶりの再会がかない

「半世紀も生きてきちゃったから,
会いたい人に会える機会は,もう絶対に逃したくないんだよね」
とお互いに語りあったばかりで

「お先するっす~」
「お疲れさまでした~」
と いつもの別れを交わしても

次の朝,再び挨拶を交わせるということは
奇跡なのかもしれないと
葬儀の始まった時間に,
朝の青空をかき消す暴風雨の窓を見ながら思っていました。

どうか安らかに。

たぶん自分がこの世の人でなくなったことに
気づかないまま,空へ行ってしまっただろうな。

また 野球の応援したかったな。

もういないんだね。さみしいよ,マサ。

IMG_0234.jpg

(´。・ωq)(pω・。`)
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 秋田県情報へ
にほんブログ村


edit↓ top↑